まだGHQの洗脳に縛られている日本人『ケント・ギルバート』の感想

この記事では、まだGHQの洗脳に縛られている日本人『ケント・ギルバート』を読んだ感想を掲載しています。

 

GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)に日本が洗脳されている(現在進行形)

 

少し過激な表現になってしまいましたが、これは多くの日本人が気がついていない事です。

 

WGIP(ウォー・ギルト・インフォーメーション・プログラム) = 米国のマインドコントロール

 

この事実を知っている日本人は、果たしてどれくらいいるのか?

昭和から平成、そして2019年5月1日:令和元年

まずは日本人として、≪正しい日本の歴史観≫を一緒に学んでいきましょう!

読書の神様
日本の歴史を正当化する訳ではないぞ!
これは、強く言っておかねばならん。

昭和の大戦では多くの犠牲を払い、他国にも多大な犠牲を強いた日本・・・

このことは、大いに反省せねばならん。

ただ世の風潮として・・・

先の大戦では日本だけが悪

この考え方は、はっきり言って間違っておる。

ひまわり
私も政治的な発言をするつもりはありません。

右とか左とか・・・

誤解を恐れずに言うなら、私の興味は政治ではなく≪歴史≫なので(汗)

純粋に≪日本の歴史≫を学ぶ過程で、知るべくして知り得た情報を本著を通して多くの日本人に知って頂ければ幸いです。

当サイトでは、≪正しい日本の歴史観≫を多くの方に伝えたいという思いから・・・

日本国紀『百田尚樹』の感想【読書の神様】

2019年3月30日

日本の歴史に真摯に向き合っているであろう方々の著書も紹介させて頂いています。

まだGHQの洗脳に縛られている日本人『ケント・ギルバート』の感想

『まだGHQの洗脳に縛られている日本人』のポイントは、日本人が著者ではないという点です。

ケント・ギルバート

聞いた事がある人もいるかもしれません。

昭和の時代、日本のテレビに出ていたので記憶にある人もいるかもしれません。

日本人ではないアメリカ人のケント・ギルバートが日本の歴史について書いた1冊だからこそ、読む価値のある本だと思います。

日本人の国民性
  • シャイでおとなしい
  • 行儀がいい
  • 温厚
  • 周りの人に合わせ、気を使う
  • 本音と建前が共存する日本文化

なぜ、ここで日本人の国民性を記したのか疑問に思われるかもしれませんが・・・

『まだGHQの洗脳に縛られている日本人』を読めば、アメリカ人のケント・ギルバートさんがこの本を書いた理由が分かるはずです。

まだGHQの洗脳に縛られている日本人『ケント・ギルバート』の目次

まえがき

第一章 WGIPで失われた日本人の愛国心
強すぎた日本軍を心の底から恐れた連合軍
軍事力の重要性を語らない日本の政治家と教師とマスコミ
「平和を謳えば戦争は起こらない」は無責任な空論
徹底的な反日工作に対抗できる知識と勇気と愛国心を

第二章 韓国よ、あなた方こそ歴史に学んで恥を知れ
阿部首相による憲法成立過程の歴史的事実の指摘
GHQが定めた30項目の報道規制
私が韓国とPRC(中華人民共和国)を批判する理由
「20万人の女性を強制連行して性奴隷」は荒唐無稽な作り話
陸軍大将の年収5年分を稼ぐ「奴隷」はいない
戦場における性の問題と慰安婦
韓国が行う分断政策と事大主義
漢字が読めないから歴史がわからない
「造語」と「身分解放」で韓国の近代化を実現した日本
支配階級たる「武士」と「両班」の最大の違い
朝鮮半島の教育充実とインフラ整備に努めた日本
嫉妬とコンプレックスが「戦勝国」「世界一」「起源」を求める原因
歴史教科書問題は公開の形で堂々と論じ合えば良い
韓国の言いがかりに対して、ファクトを示して反撃せよ

第三章 中国よ、「アジア諸国にとっての脅威」はあなた方だ
アメリカ国内にはびこる中国ロビー
中華人民共和国(PRC)は日本と戦争をしていない
中国共産党軍は日本のおかげで国民党軍に勝利できた
今では中華人民共和国(PRC)も歴史から学べない
毎回増えつづける数図に何も根拠がない
ファシスト国家が「反ファシズム」とは笑わせるな
大躍進政策という信じられない大愚策
弾圧して殺害した自国民の臓器を売買
恐るべき「環境汚染」「食品偽装」「核汚染」
今日も続く周辺国への侵略的軍事行動
資源の宝庫で戦略的拠点、沖縄を狙う中国
「日当2万円+送迎・弁当付き」の沖縄反基地運動
翁長雄志知事は「福建省名誉市民」
沖縄はじわじわと浸食されている

第四章 わが祖国アメリカよ、いつまで「反日プロパガンダ」を続けるのか
ルーズペルトとスターリンが夢見た「世界二分割統治計画」
戦前から日本本土爆撃と占領計画を立案
経済政策としての戦争
日本の「一撃」を待ちつづけていたアメリカ
日本の視点から考える
真珠湾が攻撃目標であることはわかりきっていた
東京裁判と靖国神社について私が学び、考え直したこと
戦後の国際情勢を予言していた東条英機の遺言
「靖国問題」の解決方法
「戦時捕虜」の取り扱い問題
アメリカ人は日本のことをあまりわかっていない
ユダヤ人を救出した日本人たち
日本を畏怖したアメリカによる協力な洗脳プロパガンダ
戦時プロパガンダ映画は無視すべし

第五章 わが愛する日本よ、そろそろ「洗脳」から解放されよう
「宮刑」に処せられた日本
GHQの政策が効きすぎた日本
権力に迎合し、「嘘」で儲けるマスメディア
「ナイーブ」な学者、「マッチ・ポンプ」の日弁連
レッテル貼りに負けるな
愛国心を取り戻せば日本国民は世界で一番幸せです
日本の修身教育がアメリカ社会に採り入れられたら?
秩序と曖昧が混在する国・日本
多くの日本人は世界中で好かれている

おわりに 日本は世界の大国だ

見どころと良かった点【読書の神様】

日本人の多くは、中学校や高校・大学で学んだ歴史が真実だと思い込んでいます。

表面的・一面的には真実かもしれませんが、それは教科書的に正しいという意味で、≪正しい日本の歴史≫を全て学べている訳ではありません。

例えば、一度は聞いたことがあるはずの戦後日本で行われた『東京裁判』(極東国際軍事裁判】

この裁判がどれだけ不公平は裁判だったか、その事実をあなたは知っていますか?

敗戦国は、公平に裁判を受けることすら出来なかったという事実。

また、≪A級戦犯≫・≪B級戦犯≫・≪C級戦犯≫がどのように区別されていたのかあなたは知っていますか?

素直すぎる日本人は・・・

 

GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)に日本が洗脳されている(現在進行形)

 

WGIP(ウォー・ギルト・インフォーメーション・プログラム) = 米国のマインドコントロール

これらの真実から目を背け、事実を報道しないマスメディアに翻弄されているということに気付いて下さい。

ひまわり
何度もお伝えしますが・・・

私は政治的な意図を持ってこの記事を書いている訳ではありません。

私たちのような一般人の情報源は、マスメディアが流しているテレビかもしくは新聞が大半を占めています。

※どの新聞(テレビ)が正しく、どの新聞が偏向記事を書いているのかについては発言を避けさせていただきます。

マスメディアは公平・中立か?

この答えは、明確にNoと断言できます。

根拠と理由は・・・

各紙新聞の論調が全く違うことからも知ることが出来ます。

読売新聞・毎日新聞・朝日新聞・産経新聞など

これらの各紙新聞の論調(Aという事象に対する記事内容)は異なります。

興味がある方は、是非読み比べてみて下さい!

読書の神様
『まだGHQの洗脳に縛られている日本人』(ケント・ギルバート)を読むと、おそらくあなたが知っている≪日本の歴史≫や≪歴史の考え方≫
が覆されるため、ショックを受ける可能性があるかもしれん。。。

でも、そこから決して目を背けてはダメじゃ(汗)

これからの日本の未来のために!

微妙なところと悪かった点【読書の悪魔】

日本に限らず世界のどこに住んでいても、またどこの国の人間にも思想や信条、そもそも何を信じるのかは基本的に自由だと思います。

それを前提に考えると、『まだGHQの洗脳に縛られている日本人』(ケント・ギルバート)に書かれている内容について反論をしたくなったり、反感を持つ方がいることは十分に想定できることだと思います。

読書の悪魔
俺が言うのもなんだけどっ・・・

この問題は、日本人にとってかなり繊細なんだと思う!

だからこそ、俺もしっかりと≪正しい日本の歴史観≫を学ぼうと思うぞ。

昭和から平成・・・そして新時代『令和』になったからこそ

2019年5月1日:令和元年

このタイミングだからこそ、改めて日本の歴史に目を向けてほしいと思います。

  • 戦争とは一体なんだったのか?
  • 何が正しくて、何が間違っているのか?
  • アメリカ・中国・韓国などとの関係は?
  • そもそも、日本人は過去に何をしてきたのか?
  • 日本は過去も今も未来も、『悪』でいなければならないのか?
  • 日本人がしてきたことは、外国人の目にはどう映っているのか?
  • 日本のマスコミ(マスメディア)が語っていることは事実(真実)なのか?

などなど・・・

ケント・ギルバート『まだGHQの洗脳に縛られている日本人』には、≪正しい日本の歴史観≫を知るヒントがたくさん詰まっています。

広島原爆ドーム

やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人『ケント・ギルバート』の感想

2019年5月6日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA