お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方『橘玲』の感想【読書の神様】

お金がなくて泣いている男性

この記事では、お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方『橘玲』の感想を掲載しています。

  • 給与明細の≪手取り金額≫しか見ていない人
  • 社会保険料をいくら払っているか知らない人
  • マイホームを買おうかどうか迷っている人
  • 税金をいくら払っているか知らない人
  • なんとなく生命保険に入っている人

そもそもお金にルーズな人・・・

1つでも当てはまる方、必見の1冊です。

橘玲(たちばなあきら)さんの【お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方】は、学校では決して教えてくれない日本のお金のルールの全てを学べます。

搾取されないために!

ただなんとなく税金を払い、ただなんとなく社会保険料を払い、そしてただなんとなく消費し、ただなんとなく貯金する・・・

そんな考え方では、日本という国が作った制度に搾取されて終わりです(汗)

読書の神様
決して日本を否定している訳でも、非難している訳ではないぞ!

制度を知って、仕組みを知れば、もっと上手に生きていく術があるという事を伝えたいんじゃ(笑)

ひまわり
お金の勉強していますか?

社会人として給料をもらっているなら、給与明細の情報をしっかりチェックしましょう!

そして、お金に振り回されることなく、お金と上手に付き合っていく方法と手段を身につけて下さい。

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方『橘玲』の感想

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方『橘玲』の感想

日本人の多くは、お金の話をすると卑しい(いやしい)とか貪欲とか・・・

ナゼか非難の対象になることがあります。

質素・倹約が美徳

これは一昔前の話と言うか、幻想と言うか、必ずしも正しい考え方ではありません。

お金持ち(金儲け) = 悪

この考え方も決して正しくありません。

そもそも日本の制度や仕組みを知らずに、言われるがままに税金や社会保険を払っている方が無知だと言わざるを得ません(汗)

知っているか? 知らないか?

この差がいかに大きいのかを、橘玲さんの【お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方】を読むと、痛いほど思い知らされるはずです!

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方『橘玲』の目次

文庫本まえがき

はじめに

Prologue 1995-2014

0 「黄金の羽根」ができるまで
1995年という特別な年

チケットはどこに消えたのか
世界がまるごと変わってしまった
35歳は人生の転機
『黄金の羽根』の発想の原点
出版流通の仕組みはどうなっているのか
出版社と取次の利害対立
新刊点数が増える理由
書店と取次の利害対立
問題は個人ではなく制度にある
構造的な問題はいつか顕在化する
オルタナティブな人生の選択

世紀末のバブル

誰でも億万長者になれる残酷な世界
経済的独立にはいくら必要か
マイクロソフト株が買えないのはなぜ?
プルーオーシャンの発見
次々と現われるあやしいひとたち
人生を経済合理的に設計する
黄金の羽根はどこにおちているのか?
マーケットが修正できない歪み
日本の社会の秘密

PART1 人生を最適設計する資産運用の知識
1 世界にひとつしかないお金持ちの方程式

ルール1 純利益の確保こそが重要である
ルール2 複利の資産運用では、わずかな利回りの違いが大きな差を生む
ルール3 十分な元金がなければ運用しても意味がない
ルール4 収入を増やす確実な方法は働き手を増やすこと
ルール5 他人への投資と自分への投資を天秤にかけよう
ルール6 サラリーマンが金持ちになる方法は3つある
ルール7 確実に金持ちになる方法は支出を減らすこと
ルール8 家計のリストラは住宅コストと生命保険から
ルール9 投資のコストに気づかないひとは金持ちになれない
ルール10 最速の資産形成法は税金を払わないことである

2 誰も知らない資産運用の常識

常識1 投資をしないのが最高の投資である
常識2 バブル崩壊で日本人は豊かになった
常識3 日本人は大きなリスクを取ってきた
常識4 不動産を買ったら、資産運用はそこで終わり
常識5 長期投資が成功するとはかぎらない
常識6 資産運用の専門家は資産運用理論を無視している
常識7 経済学者の予測は当たらない
常識8 適正株価は誰にも分からない
常識9 チャートで未来は予測できない
常識10 短期投資は最高のギャンブルである

3 不動産の呪縛を解き放つ法則

法則1 家を買うのは、株式に投資するのと同じである
法則2 家の値段は、家賃から合理的に決まる
法則3 持ち家とは賃料の発生しない不動産投資である
法則4 不動産はリスク商品である
法則5 住宅ローンは株式の信用取引と同じである
法則6 住宅ローンの返済は「貯金」ではない
法則7 永住を前提に家を買っても、持ち家は有利にならない
法則8 「家賃よりも安く家が買える」ことはない
法則9 30年後に手に入った「我が家」に価値はない
法則10 市場経済では賃貸と持ち家に優劣はない

4 生命保険は損をすることに意味がある

生命保険をどう考えるか
医療保険をどう考えるか
生命保険リフォーム

5 見えない「貧困化」が拡がっている

PART2 人生を最適設計するマイクロ法人

6 国家に惜しみなく奪われるひとびと

国民年金と厚生年金
国民健康保険と組合健康保険
サラリーマンの実質税負担

7 「個人」と「法人」、ふたつの人格をつかいこなす

8 マイクロ法人で人生が変わる

ルール1 所得税の発生しない範囲で給与を決定する
ルール2 所得税の発生しない範囲で家族を雇用する
ルール3 生活費を法人の経費に振替える
ルール4 個人資産を法人名義で運用する

最適年収を計算する
1 課税所得をゼロにする
2 社会保険料を最小化する

国民年金基金と個人型確定拠出年金のどちらを選ぶ
社会保険の加入義務とマイクロ法人戦略のコペルニクス的転回

9 不可能を可能にする奇跡のファイナンス

法人によるファイナンス
奇跡の融資支援制度
信用保証協会のダブルバインド

10 税金について知りたいほんとうのこと

11 税務調査の裏と表

税務署の裏事情
税務署と税理士のあやしい関係
信用崩壊
マイナンバー制度と海外投資

PART3 人生を最適設計する働き方

12 クリエイティブクラスとマックジョブ

Epilogue 新宿中央公園のホームレス

あとがき

見どころと良かった点【読書の神様】

読書の神様
なんと言っても、日本の制度の仕組みやルールが分かる1冊になっておるんじゃ(笑)

そして、≪超単純なお金持ちになれる法則≫も紹介してくれておる!

読まない理由が見当たらんぞっ。。。

最後の1冊!

今まで多くの『お金持ちになれる!?本』を読んできた方にこそおすすめしたい1冊です。

現実的な考え方を元に・・・

日本の制度が十分に解説されており、その制度のルールからずれることなく、お金持ちになれる方法と手段を学ぶことが出来ます。

微妙なところと悪かった点【読書の悪魔】

読書の悪魔
俺っ、お金の話しとか苦手なんだよ(笑)

税金???

社会保険???

生命保険?医療保険?

とりあえず払っておけば安心だろっ!!!

面倒臭いことに巻き込むなよっ。。。

ひまわり
読書の悪魔くんと同じ考え方の人にとっては、最初から最後まで読むのが少し苦痛になっていしまうかもしれませんが・・・

でも、それはもったいような気がします(汗)

橘玲さんの【お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方】を読めば、1年間に一体いくらのお金を節約できることか!

この事実を知れば、読み終えたときにきっと充実感を得られることと思います(笑)

【多数派】社会人になってからお金の勉強をしない人!残念・・・

お金の勉強しなかった男

日本人のほとんどの社会人は、≪お金の勉強≫をしていません。

これは紛れもない事実です・・・

ひまわり
事実、私が勤めている保育園の職員のほとんどが≪お金の知識が無い≫状態である!と言っても過言ではありません(泣)

給与明細で見るのは、手取りの金額のみ!

もっと言えば、多くの保育園の先生が子どもの事には詳しいけど、お金の事には無頓着であるという現実。。。
※私が出会った保育園の先生に限る

冒頭でもお話ししましたが・・・

 

「税金、いくら払っていますか?」

 

「社会保険料、いくら払っていますか?」

 

「年間の生命保険・医療保険、いくら払っていますか?」

 

せめて、上記の質問くらいには即答出来るようになってほしい!

この質問に答えられないなら、この機会に橘玲さんの【お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方】を読んでみて下さい!

あなたがいかに日本の制度を理解していないかを実感することが出来るはずです(汗)

お金がなくて泣いている男性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA