「君にまかせたい」と言われる部下になる51の考え方『岩田松雄』の感想

この記事では、「君にまかせたい」と言われる部下になる51の考え方(岩田松雄)を読んだ感想を掲載しています。

サラリーマン生活をしていると、そりが合わない上司と一緒に仕事をしなければいけない事ってありますよね。また、一生懸命仕事をしているのに、なかなか評価してもらえないってこともあるかと思います。

結局は、上司(リーダー)の主観と好き嫌いだけで評価されてしまっているのではないか・・・

そんな感じで、疑心暗鬼になることすらあると思います。

でも、大丈夫です。
「君にまかせたい」と言われる部下になる51の考え方(岩田松雄)を読めば、今どんな部下が求められているのかが分かります。

人たらしの術ではない!

決して、上司(リーダー)に媚びを売るような戦略ではありません。

人たらしの術的な本も出版されていますが、それとは一線を画すいわゆる≪部下学≫を学ぶことが出来る1冊です。

読書の神様
上司(リーダー)が部下に求めている事が分かれば、会社での評価を得られるという訳じゃな(笑)

部下は、上司(リーダー)をコントロールする力が必要じゃ!

では早速、岩田松雄さんの「君にまかせたい」と言われる部下になる51の考え方の感想を述べつつ、≪部下学≫の内容を紐解いていきたいと思います。

「君にまかせたい」と言われる部下になる51の考え方『岩田松雄』の感想

「上司といまいちウマが合わなくて・・・」

「上司への報・連・相の仕方がよくわからない」

「うまく上司をコントロールして、仕事を上手に進めたい」

※本著から引用

上記のような事で悩んでいる方は、「君にまかせたい」と言われる部下になる51の考え方を読めば、次の日から気持ちを切り替えて仕事に向かう事が出来るようになるような1冊です。

岩田松雄さん自身、日産自動車の部下時代にかなりの苦労をされた方です。
ちなみに、精神を病むくらい上司から嫌がらせ!?をされたようです。

だから岩田松雄さんの言葉(内容)は、上司(リーダー)が一方的に語っているだけの薄っぺらいものではありません実体験を元にした説得力のある内容です。

「君にまかせたい」と言われる部下になる51の考え方のあらすじ

はじめに

第1章 部下は、従順でなくてもかまわない
第2章 部下は、過剰サービスから始めなさい
第3章 部下は、完璧な仕事が求められるとは限らない
第4章 部下は、背伸びや無理をする必要はない
第5章 部下は、上司をコントロールしてかまわない
第6章 部下は、よく読み、よく学ぶべきである
第7章 部下は、まずは人間性こそ高めなさい

おわりに

見どころと良かった点【読書の神様】

時代が変わっても、サラリーマンとして生きるなら、変わらず必要な≪考え方≫や≪スキル≫のようなものがあります。

その普遍的な≪考え方≫や≪スキル≫が学べると同時に、リーダー学同様≪徳≫(人間性)を高めるきっかけを得られる内容になっています。

ひまわり
「君にまかせたい」と言われる部下になる51の考え方は、部下から見た上司(リーダー)・上司(リーダー)から見た部下と言った双方の視点から学ぶことが出来ます。

これは、かなりおすすめのポイントです。

読書の神様
部下がどう考えるか・・・

上司(リーダー)がどう考えているか・・・

この双方の考え方が分からないと、一方通行になってしまいがちじゃ(笑)

つまり、円滑なサラリーマン生活を送る事が難しくなるということじゃな!

それはまさに、一生部下のままで終える人生。。。

微妙なところと悪かった点【読書の悪魔】

読書の悪魔
ちぇっ!!!

結局、部下が上司の機嫌を上手にとるための方法が書いてあるだけでだろっ(笑)

そんな事するくらいな、仕事なんて辞めたほうがましだよっ。。。

上司の機嫌をとって、昇進を目指しましょう!!!

本著は、決してそういう内容ではありません

NG部下・ダメ部下の特徴

こんな人を見かけたことはありませんか?

上司にはやたら媚びを売って、部下にはムカつくくらいに先輩風を吹かせる人間

真っ当な≪部下学≫ではなく、人たらしの術的な内容を学びたい方にとっては、あまり満足のいく内容ではないかもしれません。

「君にまかせたい」と言われる部下になる51の考え方の総評

時代の流れの中で、フリーランスや在宅勤務・海外勤務や上司(リーダー)が外国人など、働き方はかなり多様になってきていると思います。

それでもまだまだ、日本人のサラリーマン(サラリーウーマン)は大勢を占めていると思います。

毎朝の通勤電車(満員電車)を見れば一目瞭然ですよね(汗)

仕事は大変・仕事はストレス・仕事は我慢をするもの

それは一面では正しいかもしれませんが、決してその一面だけではないという事を、本著を通して知って頂ければと思います。

ひまわり
1つの会社に依存して、精神を病むくらい頑張る必要は、ハッキリ言ってないと思います。

嫌なら、ある程度のところで見切りをつけるのもアリだと思います。

でも、逃げ癖を付ける前に知ってほしいことがあります。

それが、部下としての≪考え方≫です。

先述した通り、岩田松雄さんは日産自動車の部下時代、精神を病むくらい大変な思いをされています。

頑張ること(無理すること) = 美徳

これは少し時代遅れのように思いますが、自分なりに精一杯仕事に向き合うという姿勢は、ある意味ではすごく格好いいことなのではないでしょうか。

昭和から平成・・・そして令和。今こそ学ぶべき≪部下学≫

岩田松雄さんは、多くの著書を出版しています。

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の言葉『岩田松雄』の感想

2019年4月16日

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方『岩田松雄』の感想

2019年4月15日

まだまだ紹介しきれていない、多くの本があります。

「君にまかせたい」と言われる部下になる51の考え方は、あなたが上司(リーダー)になる前に一読して頂き1冊です。

世の中には、上司(リーダー)と呼ばれる人が大勢いると思います。
しかし、本当の上司(リーダー)はどれくらいいるのでしょうか?

  • 権力を手にしたことで、「自分は偉い」と勘違いしてしまうリーダー
  • 謙虚さを忘れてしまって、横暴な態度をとるリーダー
  • 部下を駒のように雑に扱うリーダー

昭和には昭和時代のリーダーが、平成には平成時代のリーダーが、令和には令和時代のリーダーが、その時代時代で求められる上司(リーダー)は違ってくると思いますが・・・

岩田松雄さんの本からは、いつの時代にも通用する≪考え方≫を学ぶことが出来るはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA