だから部下がついてこない!『嶋津良智』の感想【読書の神様】

部下の怒りを止める上司

この記事では、だから部下がついてこない!『嶋津良智』の感想を掲載しています。

昭和を生き抜いた人、必読!

嶋津良智さんの【だから部下がついてこない!】

特に昭和の時代を生き抜いてきた、30代半ば以降の方々に読んで頂きたい1冊です。

時代遅れのマネジメントをしないためにも

嶋津良智さんの【だから部下がついてこない!】を読めば、イライラ・ムカムカすることが減り、令和の時代にあったマネジメントを学ぶことが出来ます。

一昔前の上司と言えば・・・

  • 部下を褒めるなんてありえない
  • 感情を隠さず、威圧感たっぷり
  • 怒鳴る・どつくは当たり前
ひまわり
今の時代、これでは部下がついてこないのは当たり前ですよね(汗)

力づくで部下に言うことをきかせようとしても、100%逆効果・・・

会社を辞められて終わりです!

では、どうすればいいのか?

その答えが、嶋津良智【だから部下がついてこない!】に書かれています。

だから部下がついてこない!『嶋津良智』の感想

だから部下がついてこない!『嶋津良智』の感想
時代が変われば、マネジメントの仕方もやり方も、そして考え方も変わります。

生き残る種とは、最も強いものではない。

最も知的なものでもない。

それは、変化に最もよく適応したものである。

ダーウィンの名言

読書の神様
世の係長・課長・部長、そして社長、全員に当てはまる名言じゃ(笑)

見方を変えれば・・・

令和の時代を生き抜くために『変化に最も適応したマネジメント』を知る!

さもないと、今の時代会社なんてあっという間に倒産じゃ。。。

昔は・・・

昔は・・・

昔は・・・

いつまでも≪昔≫にこだわっていると、あなただけ時代に取り残されてしまうかもしれません。

もしあなたが今現在、「部下との距離を感じるな~」そう感じているなら本著は必読です。

嶋津良智は、超短気?

【だから部下がついてこない!】の著者:嶋津良智は、元々超短気

つまり、昭和の時代を生き抜いたコテコテの昭和人間だったと言うことが出来るかもしれません。

そんな嶋津良智さんが、一昔前まで実践していたマネジメントが≪KKD≫

KKD

ヒントは、恐怖です!

だから部下がついてこない!『嶋津良智』の目次

はじめに 部下を育てる「上司学」のすすめ

第1章 できる上司の「思考」のルール
部下を動かそうと思うのは、大きな間違い
・「人を動かそう」なんて考えるな!
・「だから、オレについてこい」は時代が違う
・部下の「優先順位」を知っていますか?
Point できる上司になるために1

部下の行動のカギを握るのは「目的」と「目標」
・目的と目標の違いは、なんですか?
・目標だけでは部下は動かない
・目的は「心の導火線」
・伏せたコップに水は注ぐな!
Point できる上司になるために2

イメージできない計画は、永久に達成できない
・イメージできないものは決して手に入らない
・リアルなイメージをもてばモチベーションが上がる
・「真のゴール」から逆算して計画を立てる
・「見えない未来」が不安を生む
・「方向」は変えるな、「方法」を変えよ
・計画を立てるときも「優先順位」を考える
Point できる上司になるために3

「実行」のともなわない計画は、無意味である
・計画だけでは成果は生まれない
・驚くほど少ない戦略の実行率
・行動は徹底してこそ意味がある
・部下の行動を把握していないなんてナンセンス
・学ぶだけでは満足してはいけない
Point 出来る上司になるために4

人生最大のリスクはチャレンジしないこと
・人生は「下りのエスカレーター」
・「チェンジ」と「チャンス」は紙一重
・行動に「待った」をかけるのは自分自身
・やらないより、やったほうが絶対にいい
・微差・僅差でも結果は180度違う
Point 出来る上司になるために5

電車が遅れたのは、じつはあなたの責任だ
・人生は飽くなき選択の繰り返し
・すべてを選んでいるのは自分自身
・「自己責任」によって得られる効果とは?
・すべての出来事には何の意味もない
Point できる上司になるために6

第2章 できる上司の「仕事」のルール
仕事をするなんて、上司じゃない!
・上司の「究極の仕事」とは?
・勇気を出して仕事を振れ!
・上司の役割は「親」と同じ
・優秀な人ができない部署をつくるワケ
・「任せる」と「報告させる」はワンセット
・上司の仕事がなくなれば、組織はもっと大きくなる
Point できる上司になるために7

「忙しい」という部下を疑いなさい
・どうしてそんなに忙しいの?
・仕事にかかった時間を書き出してみる
・仕事は三つに分けられる
・予測、憶測で仕事をしてはいけない
・気づかないうちに人は仕事をつくる
Point できる上司になるために8

本当に大切な仕事は、二割しか存在しない
・大切な二割の仕事に八割の時間を使う
・常に優先順位を考えて行動する
・二つのことを同時にやって時間価値を上げる
Point できる上司になるために9

最高の結果を出したいなら、まず最悪の状況を考える
・危機管理はF1に学べ
・いつも心に「イエローライン」
・「最悪」をイメージできれば行動が大胆になる
Point できる上司になるために10

第3章 できる上司の「コミュニケーション」のルール
部下の相談に乗ってはいけない
・アドバイスする前にいいたい魔法の言葉
・上司の答えに潜む「副作用」
・それでは部下が腐ってしまう
・自分の意見なんて捨ててしまおう
・「どうして、うまくいかなかったのか?」は最悪のクエスチョン
・「バーチャルプラン」で考える力をつける
Point できる上司になるために11

部下のフォローができなきゃ上司じゃない
・部下のフォローの四か条
・ちょっとしたフォローが部下を変える
・フォローも人によっては迷惑になる
Point できる上司になるために12

上司はよきコーチであれ
・何のために仕事をしているの?
・過去と未来を棚卸しする
・未来の姿と仕事をリンクさせる
・パッシブリスニングとアクティブリスニング
・白いボールに、黒いボールを返すな
Point できる上司になるために13

部下を平等に扱うな
・部下のタイプでマネジメントは変わる
・指示をしても部下が動かないのはなぜ?
・コミュニケーションギャップを埋めるコツ
・「マネジメントポリシー」という新しい価値観
Point できる上司になるために14

第4章 できる上司の「部下育成」のルール
「KKDマネジメント」には限界がある
・ぐいぐい引っ張っていくだけの上司では・・・
・「KKDマネジメント」は長続きしない
Point できる上司になるために15

部下を育てる褒め方・叱り方
・部下を育てる「やる気の善循環システム」
・会社の評価システムを、あなたは理解していますか?
・評価と指導は「一本道」にする
・褒めると叱るは「バランスシート」
・誉め方、叱り方で大切なポイント
Point できる上司になるために16

魔法の行動管理ツール「Z型フォーマット」
・監視では行動を管理できない
・Z型フォーマットで行動を結果を共有する
・「八・二の法則」を利用して優先順位を決める
・フォーマットに具体性をもたせるには?
・「事実」に基づいて部下と話をする
・Z型フォーマットで行動のトレンドが見えてくる
・導入時に注意すべきポイント
Point できる上司になるために17

第5章 できる上司の「組織」のルール
部下に叱られて組織は強くなる
・誰もが意見をいえる環境をつくる
・ノックダウン寸前の悪口大会
・あなたを叱ってくれる部下はいるか?
Point できる上司になるために18

組織のまんなかに「理念」を置く
・理念はなぜ必要なのか?
・理念を見失った会社は弱い
・理念を共有できていない組織が多すぎる
・理念を浸透させるための四つのステップ
Point できる上司になるために19

上司は情報にフィルターをかけるな
・ガラス張りが組織を強くする
・情報はいつ、どこで、誰の役に立つかわからない
・情報と信頼はギブ・アンド・テイク
Point できる上司になるために20

組織を変えたければ、まず自分が変われ
・部下は自分をくっきり映し出す鏡
・自分の無能さを宣伝するな
Point できる上司になるために21

付録 できる上司が日常で行っている「当たり前」のこと

おわりに

見どころと良かった点【読書の神様】

『昔の常識は、今の非常識』に気づかせてくれる1冊。

嶋津良智さんの著書には・・・

怒らない技術『嶋津良智』の感想【読書の神様と読書の悪魔】

2019年3月31日
チームの絆が高まっている会社

「弱い」リーダーが最強のチームを作る『嶋津良智』の感想

2019年5月19日
女性部下を怒らせてしまった男性

女性部下をうまく動かす上司力『嶋津良智と平川理恵』の感想

2019年5月25日

他にもたくさんありますが、そのどれもが部下を第一に考え、そして自分自身の感情のコントロールをしっかりすることを提唱しています。

ひまわり
いわゆる「上司学」を学びたいと考えている方にとっては、かなり学びの多い本だと思います。

「部下がついてこない!」のは、自分に責任がある・・・

まずは、『原因自分論』的に物事を考えるようにしましょう!

悪口大会でボロボロに・・・

本著に書かれている≪悪口大会≫でノックダウン寸前の嶋津良智さんの体験談は、ある意味必見です。

ナゼ、嶋津良智さんは自分の悪口を言ってもらう≪悪口大会≫を開いたのか。

あなたは、今の会社で≪悪口大会≫を開く勇気がありますか?

微妙なところと悪かった点【読書の悪魔】

読書の悪魔
ムカつく部下なんて、ビビらせてやればいいんだよっ!

話しを聞かない生意気な部下なんて、どつけばいいんだよっ!

ていうか、上司は偉いんだから、何やっても許されるだろ(笑)

ひまわり
コラコラ・・・悪魔君!

それ、パワハラね(汗)

ビビらせたら、ダメなんだよ。。。

どついたら、ダメなんだよ。。。

そして、上司って別に偉いわけじゃないんだよ。
上司が偉くない理由については、岩田松雄さんの著書がすごく参考になるよ!

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方『岩田松雄』の感想

2019年4月15日

組織と部下を成長させるヒント!

増えるお金と成長する芽

嶋津良智【だから部下がついてこない!】を読めば・・・

  1. 最高の上司になれる
  2. 部下と最高の関係を作れる
  3. 最高の組織のつくり方を学べる

あなたの今の立場で、上記3つのうち1つでも興味があるなら本著はかなり有益です。

本を読まな人、増加中!

最近の若い人(10代・20代)に限らず、最近は特に本(活字)を読まない人が増えてきました。

まさか、部下を育てている人が本を読んでいない訳は無いと信じたいところですが・・・

もしあなたが、「本を読むのが苦手なんだよなー」って思っているなら、以下の記事を参考にして下さい。

≪読む習慣≫を身につけられるはずです。

寝転がりながら読書を始める女性

読書を始めるなら≪マンガ≫から!小説や自己啓発書は後回し。

2019年6月4日
読書まとめ【読書の神様と読書の悪魔】

読書をしよう!本を読もう!≪読書の神様≫と≪読書の悪魔≫

2019年5月1日
部下の怒りを止める上司

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA