トイプードル(愛犬)は、留守番でストレス爆発!【発散法は遊びとしつけ】

この記事では、トイプードル(愛犬)の留守番の影響について解説しています。

トイプードル(愛犬)を留守番させるのに、罪悪感を感じることありますよね!
10分とか20分とか30分、もしくは1時間程度ならまだしも・・・

2時間・3時間・5時間・8時間となると、かなり罪悪感を感じる事と思います。

でも、そんな留守番で溜まったストレスを上手に発散する方法があるんです。

結論、遊びとしつけ

これで、愛犬の留守番ストレスを発散させてあげましょう!

では、我が家の愛犬の留守番ストレス発散方法をご紹介していきます。

ひまわり
我が家の愛犬は、平日約8時間の留守番をしてもらっています。

理由は、夫婦共働きだから(汗)

ここで1点!

「留守番させる事が分かっているなら、そもそも犬を飼うなっ!」

そんなご意見があるのは、重々承知しています。

おっしゃる通り・・・反論の余地はありません。

愛犬の留守番・反対派の方へ

留守番をさせている愛犬家なんて認めない!と言う方は、以下の内容が不快に感じる事があるかもしれません!

どうぞこのままページを閉じて下さい。

トイプードル(愛犬)は、留守番でストレス爆発!

留守番は、少なからずトイプードル(愛犬)のストレスを溜める原因になります。

では、ストレスが溜まっているかどうかは、犬のどういった動作(言動)から判断すればいいのか!?

ヒントとなる犬の動作(言動)をご紹介します。

あくび・目を細める

犬は眠い時もあくびをしますが、「暇だな~」と感じている時にもあくびをします。

それと同じく、眠い時にも目を細めますが、「暇だな~」と感じている時にも目を細める事があります。

よく寝たはずなのに、≪あくびを連発する≫≪目を細める≫といった行為があった場合は、ストレスが溜まってるサインの可能性があります。

目を合わせない

目を合わせない行為は、トイプードルなりのいじけ行動の可能性があります。

つまり裏を返せば、ストレスが溜まっていると捉える事も出来ます。

「なかなか目が合わないな」と感じたら、それは愛犬のストレスサインかもしれません!

後ろ足で体を掻き、全身をブルブルさせる

そもそも犬は、それなりの頻度で体を掻いたり、耳のあたりを掻いたりします。

でも、体(耳)を頻繁に掻いているようであれば、それはストレスサインかもしれません。

また、体(耳)を掻く行為は、何かしらの病気の可能性があります。

少し注意深く観察してあげましょう。

いつもより激しい息づかい

激しい息づかいは、ストレスとともに健康状態に異変がある可能性があります。

素人判断で対応するのではなく、可能であればすぐに病院に連れて行ってあげる必要があるかもしれません!

ひまわり
  • 体(耳)を掻く
  • 激しいづかい

など、「いつもと違う!」に素早く気づけるように、日々愛犬の様子を観察してあげましょう。

そして、しっかりとスキンシップを図りましょう!

ベロで鼻を舐めたり、口をクチャクチャする

「暇だなー」

そう感じている時に、ベロで鼻を舐めたり、口をクチャクチャする事があります。

ちなみに、「暇だな~」はストレスが溜まる原因の1つになる事をお忘れなく!

誤飲のサイン

口をクチャクチャ・・・

この動作は、口の中に異物を入れてクチャクチャしている事があります。

要は、飲み込んではいけないものを口の中でクチャクチャしている可能性があるという事です。

すぐに口の中をチェックして下さい!

頻繁に手足を舐めたり、尻尾をかんだりする

手足を舐める行為も、犬の特徴的な行動ですが、それが頻繁すぎる場合はストレスを感じている可能性があります。

また、自分の尻尾をガジガジ噛んでいる場合も、ストレスサインの可能性があります。

「いつもと違う!」と感じたら、愛犬の様子を丁寧に観察してあげましょう。

トイプードル の留守番は何時間まで大丈夫?

結論・・・

留守番は、少なければ少ないほどいい!

もっと言えば・・・

留守番はさせない方がいい!!

愛犬に留守番をさせる事は、ストレスを溜めさせる原因になるだけでなく、万が一の事故を引き起こす可能性があります

だから結論、留守番はさせないほうがいい。。。

ひまわり
でも、我が家と同じように共働きでトイプードルを飼っているケースは多くあると思います。

そういった場合、どうしても愛犬に留守番をしてもらうしかありませんよね(汗)

飼い始め3日目で8時間の留守番【可能】

愛犬
ワタシは、生後2ヵ月で1日8時間、留守番してたワン・・・
ひまわり
頑張ってくれて、我慢してくれてありがとう!

共働きで平日ほぼ毎日8時間の留守番【可能】

愛犬
1週間のうち、だいたい4日~5日は、8時間くらい留守番してるワン・・・

でもワタシの飼い主さんは、色々なおもちゃを置いてくれたりするから、なんとか頑張れる!

ひまわり
それでもやっぱり長時間留守番させて、ごめんね(汗)

【解決】留守番で溜めたストレスは、遊びとしつけで発散

ここからは、愛犬に留守番をさせている事を前提に、留守番ストレスを発散する方法をお伝えしていきます!

たくさん我慢して留守番をしてもらっているぶん、≪遊びとしつけでストレスを発散≫させてあげましょう。

ボール遊び

ボールをコロコロ・・・

必死にボールを追いかけて、口でゲット!

たったこれだけの遊びでも、愛犬のストレスを発散させてあげる事が出来ます。

たまに、フェイントを入れてあげると、トイプーちゃんは大喜びです!

引っ張りっこ

縄や引っ張り玩具を使ってのストレス発散方法は、超おススメです。

そもそもトイプードル(犬)は、引っ張りっこが大好き!!

床に縄をはわせて、それを追いかけてからの引っ張りっこは超興奮(笑)

スキンシップ遊び

ムツゴロウさんって、知ってますか!?

「よーしよしよし・・・」

って言いながら、全身で全力で動物たちとスキンシップをとるおじさんです。

ムツゴロウさんとまではいかなくても、愛犬とのスキンシップは全力で!

スキンシップの時に、全身チェックも忘れずにしましょう。

愛犬に触れる事で、体温や傷・ちょっとした違和感に気がつく事が出来ます。

かくれんぼ

かくれんぼは、ちょっと頭を使った遊びになります。

隠れてヒョイっと顔を出す!

それを見つけたトイプーちゃんは、尻尾をフリフリさせて大喜び。

かなりおすすめの遊び(ストレス発散法)です。

待てと伏せ(しつけ)

しつけは、犬が人間社会で生きていくためには絶対必要なものです。

それと、しつけは犬の服従心を満たしてあげることも出来ます。

ひまわり
人間の子どもを服従させる事はいけません!

虐待になりますから・・・

でも、犬(トイプードル)は服従する事に喜びを感じ、愛を感じる事が出来ます。

しつけを上手に行って、ストレス発散と同時に服従する事の喜びも伝えてあげられるようにしましょう

【結論】留守番は人間(飼い主)の都合!させない方がいい。

実際に長時間留守番をさせている当サイト管理人がお伝えしても、説得力にかけてしまいますが・・・

基本、留守番はさせない方がいい!

でも、どうしても留守番をさせる状況を回避できないのであれば、≪遊びとしつけ≫で留守番ストレスを発散させてあげましょう!

愛犬のための遊びのおもちゃは、ペットショップでもネットでもいくらでも売っています。

しかも、留守番ストレスを軽減するためのアイテムもたくさん売っています。

愛犬と上手に付き合っていくために、色々工夫する事が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA